FX取引の『取引通貨単位』

FX取引の『取引通貨単位』


FX取引の『取引通貨単位』
FXをする上で基本的な知識をご案内しています。
何度も取引をされている方ももう一度ご確認ください。

10万円通貨を取引する場合には、10万通貨×100円=1,000万円となります。
また1万円通貨を取引する場合には、「1万通貨×100円=100万円」ということになります。
Fxの取引する時の通貨単位が大きいほど扱う金額が大きくなり、ほとんどのFX会社では、基準となる取引通貨単位が儲けられています。
そして、それらの単位以下のお取引をすることは不可能となります。

FX取引には『取引通貨単位』と呼ばれているものがあります。
1ドルを100円として例えてみますと、わかりやすく理解することが出来るハズです。 大変便利な世の中になり、現在では外出先からでも携帯電話を使ってFXの取引をすることが出来るようになりました。
スマートフォン専用のツールも出てきているので是非ご利用してみてはいかがでしょうか?



FX取引の『取引通貨単位』ブログ:2017/12/09

おれがまだ小さかった頃、
誕生日に親父が柴犬の子犬を買ってくれました。

フワフワのその子犬をおれはとても可愛がっていましたが、
ある日、リードを噛み切っていなくなってしまいました。

おれは毎日「帰ってきて」と祈りながら、
子犬の寝ていたダンボールの箱を見ていました。

しばらくして親父が
「もう帰ってこないだろう。片付けるぞ」と言いました。
おれはもう少し待ってくれるように頼みました。

そして子犬がいなくなって一ヶ月ほどたったある日、
おれが幼稚園から帰ると、ダンボールの中に子犬がいました。

片目の周りに赤いマジックでいたずら書きをされ、
足に怪我をして帰ってきたのです。
おれは泣きました。

うれしかったことと、
いったい誰がこんな酷いことをしたのかと思う悔しさとで、
少し大きくなった子犬を抱きしめて泣きました。

それから少しして、
子犬はだんだんご飯を食べなくなりました。

親父は「変だ」と言い、医者に連れて行き見てもらいましたが、
医者に「もう助からないよ」と言われました。
おれは泣きながら子犬を抱きかかえ、家に帰ってきました。

次の日の6時、子犬は動かなくなっていました。
おれは冷たくなった子犬を抱いて泣きつづけました。

親父はダンボールに子犬の好きだった物を入れ、
その中に子犬を寝かし、蓋をしました。

その日は幼稚園を休み、
親父と二人でダンボールを持って海に行きました。

茅ヶ崎の海は、鎌倉の海と違って波が荒々しくて、
おれはあまり好きではありません。

でも親父は「ここでないと子犬は帰れないよ」と言い、
海に子犬の寝ているダンボールを流しました。

おれと親父は、
子犬が波にゆられていくのをずっと見ていました。
FX取引の『取引通貨単位』

FX取引の『取引通貨単位』

★メニュー

金利も交換することになるのは当たり前
多くのFX会社ではスワップ金利という言葉を使用
為替と株価というのはFXにおいて大変重要
顧客資産を分別管理しているか
債権者による資産差し押さえから保護
円高が進みそうなら決済
差金決済方式を知っておこう
証拠金とレバレッジ設定
FX取引の『取引通貨単位』
運用資金の何倍もの取引が出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)早速FX情報