金利も交換することになるのは当たり前

もっとFXについていろいろと知識を頭に入れておきたい!
そんなあなたの為にFXの知識の中でも基本的なことをお伝えします。

 

通貨の金利の差額分がスワップ金利として清算されるのです。
金利の安い通貨と金利の高い通貨を購入することによって、金利差の差額分をスワップ金利として受け取ることが可能です。
スワップ金利というのは、異なる2種類の通貨を売買することによって生まれる金利差のことを言います。
通貨を交換する取引でしたら当たり前のことですが、金利も交換することになります。

 

FXは買った通貨の金利を受け取る権利と、売った通貨の金利を支払う義務が同時に生じることになります。
まさにこのことがFXにおける最大の魅力と言っても過言ではありません。 ちょっとした出来事が世界のどこかで発生すればそれが通貨価値に大きく関わってくるのは常識です。
つまりこの世界の動きをある程度予測することが出来ればFXで利益を出すことが出来るというワケです。





全身脱毛ナビ
全身脱毛ドットコム
URL:http://xn--eckfpl9ji4c6a53as08yb20cxrvcovvb.com/


金利も交換することになるのは当たり前ブログ:2017/7/31

みなさま
( ゚д゚)ノ こんにちわー

「俺って水を飲んでも太るのよね〜」
と言う人をよく見かけますが、
むくみなどの場合を除いて、水で太ることなんてないんですよね〜

水は減量に必要ですし、
むしろ、水は太るという間違った認識で
水分補給を制限してしまうことは危険です!

「喉が渇いた」と感じたときには
すでに脱水症状の初期と言われています。

「減量のために」と、
喉が渇いているのに水分補給を我慢するのは
身体に悪いだけなんです。

夏の熱中症だけではなく、
水分不足(サウナに入っても水を飲まないなど)の状態が続けば、
血液がドロドロになって流れが悪くなります。

血液がドロドロになれば血栓ができやすくなり、
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことにもなりかねません。

減量のためにも、健康のためにも、
水分補給が連日の生活で欠かせないわけですが、
飲み物を間違えると、減量の障害になってしまいます。

減量を意識して、
今までの水分補給のしかたを見直しましょう。

まず、スポーツドリンクなども含め、
糖質を含んだ清涼飲料水は避けるべきです。

減量を目指しているのであれば、
たまに飲む程度ならともかく、
連日のように、清涼飲料水で水分補給していると、
糖尿病のリスクも上がります。

減量コーラなど、
血糖値をあまり上げない人工甘味料を使用している飲料は
一見問題が無さそうですが、その強い甘さの味覚に慣れてしまうと、
ほかの食べる事でも、同等かそれ以上の甘味でないと
物足りなさを感じることがあるので、要注意ですよ!

どんとはれ

ホーム サイトマップ